【RecRoom】クリエイト時に部屋のオーナーのみフライを有効にする方法

RecRoomでクリエイトするときに自分にだけフライ(空を飛べる機能)を有効にしたいときありますよね。
フライの有効・無効はRoleの権限によって決まるので、自分だけ有効にするというのは単純設定では無理ですが、割と簡単に出来るので部屋を作ったときに最初に設定しておくと便利なのでそのやり方を紹介します。

1. Roleの追加・設定

まずはRoleを追加します。Roleの名称はなんでも良いのですが、ここでは「admin」というRoleを追加してきます。
メーカーペンメニューのcreateで「Gadget」 →「Game chips」内のRoleチップを選択して出します。

ConfigureでRoleチップを選択して、Role Nameを変更します。
次に、Edit Roleを選択して、その中のCan Flyを有効にします。

2. Permissionsの設定

続いて、Permissionsを設定していきます。
ウォッチメニューの「This Room」→「Permissions」を開きます。
Co-Ownerの設定画面を開きます。(ここではCo-Ownerでやってますが、本当に自分だけの場合はHostでもOK)

Miscタブの「Auto Assigned Game Role」を有効にして、Editボタンを押します。

Roleの追加画面が表示されるので、先ほど追加した「admin」を指定します。

以上で設定完了です。
これで何が出来るかというと、「Co-Owner」のPermissionのユーザに自動で「admin」のRoleが割り当てらるようになります。
つまりCo-Ownerの人はフライが有効になるということですね。
Roleの画面を開いて、show only my rolesにチェックを入れると、adminのRoleが割り当てられていることが確認できます。

RoleのEveryoneで全員にフライを有効にしてあげてもいいんですが部屋を公開するときに設定の解除を忘れたりしがちなのでこういう設定をしておくと便利です。

オススメは、最初にこの設定をしたBaseRoomを一つ作成しておいて、次から新規で部屋を作るときはこの部屋をコピーして作ってやればRoleなども全て引き継がれます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク