リアル間違い探し「クローンに支配された世界を救え」に参加しました

SCRAPのリアル間違い探し『クローンに支配された世界を救え』に参加しましたので簡単に感想を書きたいと思います。




ストーリー

「このままでは人間はクローンに支配されてしまう! お願い! 一緒にこの世界の間違いを探して!!」

あなたは、パソコンの向こうから必死に語りかける彼女の言葉が理解できず呆然としていた。
彼女は、クローン技術を開発した企業の中で見つけた、【修正後】と書かれた映像を再生した。

「クローンはあなたの代わりに働いてくれます。あなたは自由を手にできるのです!」

魅力的な言葉で始まった映像には、人間より優れたクローンの性能、安心安全な手術、クローンを作った人の自由な暮らしなどが映っていた。
続けて彼女は、【修正前】と書かれた映像を流す。

「なんだこれは……?」

異常なクローンの性能、危険な手術、クローンを作った人々の末路……。
映像を隅々まで見比べることで、驚きの真実が明らかになっていく。

かつてないスケールでお送りする「リアル間違い探し」の最新作。

あなたはクローンの脅威から、この世界を救うことができるのか!?

感想

一言でいうと大満足でした。

今回のリアル間違い探しは過去作とは大きくテイストが異なっており、より万人受けするタイプに仕上がっていたかなという印象です。

私自身も過去に2回、リアル間違い探しのオンライン公演に参加したことがありますが、今までよりも数倍楽しかったです。

大きく違う点は、ストーリに沿った間違いを見つけるという点です。

過去作もストーリーは一応ありましたが、隠されている間違いは特にストーリーとは関係ないものが多く、「いや、そんなの絶対見つけられんやろ!!!」みたいな間違いが高得点で存在していました。

それに比べて今回はストーリーに沿っているため没入感もあり、間違いも理不尽なものではなく納得のいくものになっていたと思います。

また、いわゆるリアル脱出ゲームのように最後に謎解き的な要素も入っており、「成功」「失敗」が存在するタイプのゲームになっていました。

ちなみに私は「成功」しました。私が参加した回では成功率25%くらいでした。

再演があるか分かりませんが、もし再演がある場合は迷っている方は是非参加していただきたい公演です。

正誤判定が自己申告制な部分があったので、こちらもシステム化してもらえるとさらに良いかなと思いました。

カリスマレベルでした!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク