Apple Payを初めて使ってみた

昨年の2016年10月にスタートしたApple Payですが、この度初めて利用してみました。

apay_20170728

[adsense]

電子マネーに疎くて、Edyって何 ? SUICAって何 ? 状態だったのですが、実際に使ってみると意外に簡単でハマりそうです。

使おうと思ったきっかけは、家計の管理を自動化したかったからです。現在、我が家の家計はマネーフォワードと言うWebサービスを利用して管理しています。クレジットカードや銀行口座を登録しておくと、収入、支出が自動的に記録されるという仕組みです。

マネーフォワードを利用する事で、口座の管理は簡単になりましたが、自分の財布の管理はできていませんでした。買い物するたびにマネーフォワードに記録するのは手間ですし、面倒臭い事が嫌いな私は3日坊主ですぐに記録をやめてしまいます。

自分の財布の管理ができないと、月々の支出を何に利用しているのかというのが全く見えてきていませんでした。

その解決策としてApple payを利用すれば、クレジットカードの使用履歴として自動でマネーフォワードに記録されていく!ということに気づきました。

Apple Payを調べてみると、最初に比べて利用できるクレジットカードなどが格段に増えていることを知りました。そして私が利用しているTSUTAYAのクレジットカード(Tカードプラス)もApple Payに対応していることが分かりました。(もっと早く調べておくべきでした....)

Apple Payの支払い方法には、QUICPayiDに対応しています。私が持っているクレジットカードはQUIC PAYに対応しています。

QUICPay with Apple Pay

お店で支払うときには、「クイックペイで支払います」と言えば、店員さんがシャシャシャッと処理をしてくれます。
※「Apple Payで支払います」と言ってもダメなので注意が必要です。

惜しい点

実際に使ってみて、惜しいなと思った点を一つ紹介しておきます
私のカードはTカードプラスですが、QUICPayで支払ってもポイントを自動で付与はしてくれません。普通の買い物と同様にTカードを提示する必要があります。せっかくApple Payで財布いらずと思っていたの、Tポイントを付与してもらうために結局財布からカードを・・・という手間が必要になります。

ファミマTカードであれば、ファミマで買い物する時は自動でTポイントもつくようですが、他のカードも早くそういう仕組みにしてほしいものです。

まだ使い始めたばかりですが、今後、マネーフォワードとの連携によって家計が改善することを期待しています。結局は自分のがんばりなのですが・・・。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク